海外ではネットカジノはどういう認識なのか

ネットカジノと言えばここ最近は日本でも少しづつ知られるようになった、インターネットを利用した海外のサービスですよね。

日本国内のネットカジノに対するイメージはまだまだ良いとは言えず、利用する人はまだまだ少ない印象です。
しかしここ何年かで日本人プレイヤーの数が過去に比べると急速に増加しているのも事実です。

この記事では、これからネットカジノを始めてみようかなと思っている人が安心してネットカジノライフを始められるように背中を押せればなと思っています。

海外ではネットカジノが当たり前のように親しまれている

日本に住んでいると想像もできませんが、海外ではネットカジノを多くの人が利用しています。

それぞれの国の国家機関が普通のカジノ同様にネットカジノでも正規ライセンスを発行している所を見ても、国が認めている正規の娯楽という認識なんだと思います。

日本でいう所の競馬・競艇・宝くじなどと形式的には同じようなものですね。
還元率で見てみると、日本の国が認めている賭博は平均が4割程度なのに対して、ネットカジノは場所にもよりますが平均9割以上の還元率が提示されています。
そう考えてみると、日本よりも健全な娯楽に思えてきて仕方ありません。

何事もハマりすぎはよくありませんが…

海外でのネットカジノの歴史

数多く存在する海外のネットカジノ。その中には10年以上の歴史があるネットカジノも多数存在します。
それくらい前から海外ではネットカジノ文化が発展していたとは驚きなのですが、今回はその中でもトップクラスのネームバリューを誇るウィリアムヒルカジノを一例に話をしたいと思います。

ウィリアムヒルという会社が設立されたのは1934年です。かなり歴史の深い会社みたいです。
ロンドンの株式に上場している一流企業で、世界三大スポーツブックメーカーのひとつと言われています。

ウィリアムヒルと聞くと海外ネットカジノと言うイメージがありますが、イギリスではスポーツブックの実店舗が200店舗以上存在し従業員は20000人近くと地元ではかなり身近な存在だと言えます。

ネットカジノ業界を手掛け始めたのは2008年頃と10年近くになりますが、今でもなお世界中の人に利用され続けている大人気ネットカジノとななりました。

海外ではネットカジノは凄く身近に存在する

長い歴史の中で信頼を重ねていったウィリアムヒルを始め、他にも世界的にはごく当たり前のように存在しているネットカジノが複数あります。

他に例を挙げるならば、ベラジョンカジノクイーンカジノなどです。
これらのネットカジノは主にアジア圏で絶大な人気を誇っておりTVで普通にCMなどが流れるくらいなんです。

これらのネットカジノは長く利用され続けてきたネットカジノです。
これは考えてみると、プレイヤーを裏切らなかったからこそ今でも廃れずに利用され続けているという事ではまいでしょうか。

有名で、長く利用され続けてきたサイトは間違いなく優良なネットカジノだと判断して良いと個人的には思っています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です