日本でネットカジノ利用は違法なのか

カジノというと、時々日本でもカジノを作るといった構想を話して実現を進めようとする政治家が時々現れます。

しかし、日本においてカジノは賭博罪にあたり、現在合法ではありません。ラスベガスやマカオといった有名どころをはじめとしてカジノが合法となっている国もあります。

そして近年では、オンラインカジノというものが今世界において広がっていますが、こちらの法律はどのようになっているのでしょうか。

日本における博打違法性の考察

今回は、日本においての違法性についてご紹介したいと思います。
まず日本における賭博罪というものがどういうものかを簡単にご説明いたします。
日本では賭博行為を禁止しており、それは賭博を行う側、胴元と呼ばれるものが日本にいて、プレイヤー、こちらも日本国内でが勝敗によって財物、財産上の利益を得ることを指します。

賭博ゲームを取り仕切るものと、そのプレイヤーが日本国内で賭博行為をすると罪となります。
では、日本でゲームの勝敗によってお金を得ることができるパチンコやスロットといったものはどのような扱いなのでしょうか。

これは、公営で国が認めている団体であるかどうかという点であったり、出玉を客に貸し与えて、ゲーム結果を景品などに交換しているというところで賭博にあたらないとなります。

もう一つ宝くじやサッカーくじはどうなのでしょうか。
これもゲームの勝敗を予想して当たれば高額賞金を得ることができ、取り仕切っている者もくじの購入者も日本国内に存在すると思います。

宝くじは、賭博にあたるものではありますが、国が認めたものであり合法で国営であることで罪にはなりません。

日本におけるネットカジノ違法性

それではオンラインカジノは、どうなのでしょうか。オンラインカジノにおいて胴元とされるのは、オンラインカジノのサービスを運営するサービス会社となります。
そしてプレイヤーは世界中にいるでしょう。ここでオンラインカジノをプレイすることで日本における賭博法にあたってしまうのかということですと、現在ではグレーゾーンというのが正しい理解となります。

合法的なものとして認められているものではありませんが、違法といえる状況にもないということです。

しかし、オンラインカジノの運営会社は、違法ではないということでは、大きな金額を扱うことになりますので、信頼性・安全性を何らかの形で示さなければ、プレイヤーも集まりません。

そこで出てくるのが、オンラインカジノを合法としている国にてサービスの運営をするということです。

正規ライセンスの存在が大きい

合法としている国では政府が国際ライセンスを発行しており、発行後も定期的に監査が入ります。
また、ライセンス発行後も多額のライセンス継続費用を支払くことになります。

国によってライセンス発行の難易度は異なりますが、一定の信頼性を示すことができることは間違いないでしょう。
また、日本ではカジノは馴染みがありませんが、世界的にはそれほど珍しいものではありませんので、その法律についても、セキュリティについてもかなり信頼のおけるものと考えて問題ないと思います。

近年のインターネット犯罪では、高度な技術を使ったハッキングなどにより情報流出事故も世界規模でおきており、世界中の大金をあつかうオンラインカジノは、考え方によっては恰好の的かもしれません。

それにも関わらず、そういった事故が現在ニュースになっていないことは、セキュリティ面でも万全で違法性のない状態を保っているといえるでしょう。

違法ではないと考えられるネットカジノの一部

おすすめネットカジノ その①

ウィリアムヒルカジノ

ウィリアムヒルカジノの評判を確認したページはコチラ

おすすめネットカジノ その➁

クイーンカジノ

クイーンカジノの評判を確認したページはコチラ

おすすめネットカジノ その③

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノの評判を確認したページはコチラ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です